あなたの可能性を最大限まで活かし
「法の支配」をあまねく全国へ

依頼者のために最善の努力を尽くす

当事務所は、社会生活で生じる様々な紛争の解決または紛争の予防をする総合病院的事務所をつくり、依頼者に対して誠実で質の高い法律的及び経済的サービスを提供し、依頼者の権利及び利益を擁護するために最善の努力を尽くす。

  

人材の育成

当事務所は、高度の職業倫理観と志を持つ弁護士・職員の育成に努める。

  

社会貢献

当事務所は、地域社会とのつながりを大切にするとともに、公益活動への積極的取り組みを通じて社会に貢献する。

  

行動指針

  • ・我々は、人間の幸福に奉仕する者であるから、人間という存在への「暖かい思いやりと深い愛情」を根底に据えて仕事をするということを心得て行動しなければならない。
  • ・品性、人格の陶冶は、凡ての人間を人間として受け入れることのできる開け広げられた自己、暖かい思いやりのある心を養うことによって、可能になる。
    我々は、質素な生活をしながら、精神的な財を貯えて心豊かに生きることを目指し、「目線は高く、足許は謙虚に」ということを心得て行動しなければならない。
  • ・仕事の対価を取得することはプロとして当然であり、対価にふさわしい仕事をすることにプロとしての誇りを持つべきであるが、いやしくも利益のみを追求し、これを貪るようなことがあってはならない。
    つまり、「君子愛財 取之有道」(君子財を愛す これを取るに道あり)ということを心得て行動しなければならない。

教育方針

  • ・「法の支配」の直接の担い手であり、「国民の社会生活上の医師」としての役割を期待される法曹に共通して必要とされる専門的資質・能力の習得と、かけがえのない人生を生きる人々の喜びや悲しみに対して深く共感しうる豊かな人間性の涵養、向上を図る。
  • ・専門的な法知識を確実に習得させるとともに、それを批判的に検討し、また発展させていく創造的な思考力、あるいは事実に即して具体的な法的問題を解決していくため必要な法的分析能力や法的議論の能力等を育成する。
  • ・先端的な法領域について基本的な理解を得させ、また、社会に生起する様々な問題に対して広い関心を持たせ、人間や社会の在り方に関する思索や実際的な見聞、体験を基礎として、法曹としての責任感や倫理観が涵養されるよう努めるとともに、実際に社会への貢献を行うための機会を提供しうるものとする。

求める人材

陽明学者で思想家の安岡正篤(やすおかまさひろ)氏は「一灯照隅、万灯照国」と教えています。
これは、「一つの灯火(ともしび)を掲げて一隅を照らす。そうした誠心誠意の努力をし続けると、いつの間にか共鳴する人が現れてくる。一灯は二灯となり、三灯となり、いつしか国全体を照らすようになる」ということを説いています。
私たち弁護士は、法律業務を独占的に行う地位を与えられている立場にあることから、プロフェッションとして専門的な知識研究をするとともに、人格を陶冶し、一隅を照らす不断の努力をすることにより社会貢献を志す人を求めます。

基本方針

  • 人間の尊重を基本とした「魅力ある事務所」を創る。
  • 依頼者や社会から「信頼される事務所」を創る。
  • 時代とともに成長する「活力ある事務所」を創る。
ご相談予約はお電話でもメールでもお受けしております。