遺産相続問題の解決・処理件数は日本でトップクラス。
45年以上の実績と信頼でトータルサポートいたします。

こんなお悩みありませんか?

  • 遺産分割協議書に押印を求められているが、納得できない
  • 兄が法定相続分通りに遺産を分割してくれない
  • 遺言書の内容に納得できないので、どうにかしてほしい
  • 自分だけが親の介護をし、兄弟は何もしなかったのに、取り分を主張してくるのが納得できない
  • 相続税のことも考えて、一番良い遺産分割方法を知りたい
  • 相続が始まったけど、そもそも何をしてどのような手続をすればよいのかわからない

遺産相続問題について

遺産・相続問題は親が亡くなったときなどに突然表面化します。慌てて不用意に動いてしまったり、当人同士が主張をぶつけ合うと、絡まった糸を引っ張ったときのように、かえって収拾がつかなくなり、数年、ときには10年以上も対立したままということにもなりかねません。特に相続人間に揉めやすい人間関係がある場合は、問題が泥沼化する可能性が高いと言えます。

また、調停や裁判になった場合でも、法律や実務傾向を知らずに、単に自分の主張を展開するだけでは、調停委員も裁判官も味方してくれません。法律や実務傾向を知った上で、適切な主張を展開することが、自分の利益を守り、幸せな生活を確保することにつながります。

相続の方法は、原則として法律で定められていますが、実務上は原則通りでないことも多々あり、これらは経験の蓄積がないと理解しづらいところです。

当法律事務所は、1972年の設立以来、遺産相続問題に特に力を入れ、情報やノウハウを多く蓄積しております。また、遺言の作成・保管・執行を弁護士に依頼する場合、法律事務所の継続性、及び法律事務所が弁護士法人であることは極めて重要な事柄ですが、当法律事務所は法人化し、事務所の継続性維持を図っておりますので、安心して遺言に関する業務もご依頼頂けます。今後とも皆様にはより幸せな「相続」をして頂けるようご提案・尽力して参りますので、遺産相続に関するお悩みを少しでもお持ちの方はまずは当法律事務所にご相談ください。

よくある質問

  • 生前に、特別な財産をもらった相続人の相続分はどうなりますか?
  • 相続人が、相続財産の増加に寄与したときはどうなりますか?
  • 遺留分とは何ですか?
  • 父親が多額の借金を残して亡くなりました。借金を相続しないようにする方法はあるでしょうか?
  • 相続問題を弁護士に依頼する場合と、司法書士・行政書士に依頼する場合との違いは何ですか?

当法律事務所が選ばれる理由

ご相談予約はお電話でもメールでもお受けしております。