ワンストップ・トータルサービスを提供できる体制を調えています。
税務や登記等の法的手続きを含む複雑な紛争もご相談可能です。

雨宮 則夫

Norio Amemiya

所属 東京弁護士会
出身 新潟県新潟市
趣味 テニス、音楽鑑賞、旅行
学歴 東京大学法学部卒業

メッセージ

私は、昭和48年4月名古屋で裁判官になり(25期)、その後全国の各裁判所に勤務した後、平成6年4月から東京家裁及び川越支部で家事事件を専門に担当し、川越支部長を経て水戸家裁所長を最後に平成19年6月に裁判官を退官し、同年7月から、浅草公証役場で公証人をしていました。東京家裁では、5年間のうち3年間は、遺産分割専門部の立ち上げの準備をし、平成10年に遺産分割部( 家事5部)ができたときに部総括判事を命ぜられました。

また、裁判官、公証人の時に相続や遺言の関係の書籍の編集や論文の執筆をしたり、新任の公証人に対して、遺言についての講義をしたり、早稲田大学や茨城県の生涯学習センターで「相続・遺言・成年後見と公正証書」と題した連続講座の講師もしたりしておりました。公証人としての経験は10年弱でしたが、最近の公証人の仕事としては遺言、任意後見契約、離婚給付契約等の公正証書の作成が多く、私自身も、年間平均100件前後で、これまでに1,000件ほどの遺言を作成してきました。

公証役場には、弁護士等各士業の方や信託銀行等を通して申し込みをされる場合と本人が直接遺言の作成の嘱託に来られる場合とがありますが、相談ということで来所された方には、いろいろと事情をお聞きした上で、相続制度や遺留分の権利とか、遺産分割をする場合と遺留分減殺請求をされる場合とではどのような違いがあるかということなども説明して、相談者が最も適切な方法が選択できるように助言をしていました。相談の結果、公正証書遺言をすることになった場合でも、遺言者の希望やその後に予想される紛争の形態なども考え、付言事項を加えて遺言者の気持ちが遺言の中に表れるようにするなど遺言者にとって適切な遺言となるように色々と工夫をしてきました。

これからは弁護士として、これまでの経験を生かして、特に相続・遺言・後見などの問題についてご相談者・ご依頼者のお役に立ちたいと思っております。

取扱業務分野

遺産相続

成年後見

離婚・男女問題

交通事故

親子関係

経歴

1983年 富山地家裁高岡支部判事、高岡簡裁判事
1984年 新潟地家裁判事、新潟簡裁判事
1988年 横浜地裁判事、横浜簡裁判事
1990年 宮崎地家裁延岡支部長、延岡簡裁判事
1993年 東京家裁判事、東京簡裁判事
1997年 東京家裁部総括判事
1998年 浦和家・地裁川越支部判事、川越簡裁判事
1999年 浦和地・家裁川越支部部総括判事
2001年 さいたま地・家裁川越支部長、川越簡裁判事
2004年 水戸家裁所長
2007年7月 浅草公証役場公証人
2012年5月 日本公証人連合会常務理事
2013年6月 公益社団法人リーガルサポート業務審査委員
2014年4月 東京公証人会常議員会議長
2014年6月 NPO法人成年後見なし坊安心サポート顧問
2017年3月 公証人退職

書籍・論文・メディア掲載

1998年8月 現代裁判法大系(11)遺産分割(新日本法規出版)
1999年2月 現代裁判法大系(12)相続・遺言(同上)
2001年9月 遺産相続訴訟の実務(同上)
2003年3月 遺言と遺留分(第2巻)遺留分(日本評論社)
2003年9月 相続の承認・放棄の実務(新日本法規出版)
2012年8月 遺言・信託・任意後見の実務(日本加除出版)
2013年4月 相続における承認・放棄の実務(新日本法規出版)
2016年5月 実務相続関係訴訟(日本加除出版)
2016年8月 遺産分割の理論と実務(民事法研究会)
その他、図解相続・贈与事例便覧(新日本法規出版)の編集、判例タイムズ、公証、公証法学などに論文多数

講演・セミナー等

2014年10月~5回連続講座(早稲田大学オープンカレッジ)/相続・遺言・成年後見と公正証書
2015年10月~10回連続講座(早稲田大学オープンカレッジ)/相続・遺言・成年後見と公正証書
2016年10月~10回連続講座(早稲田大学オープンカレッジ)/相続・遺言・成年後見と公正証書
2017年1月~7回連続講座(茨城県生涯学習センター)/相続・遺言・成年後見と公正証書
ご予約はお電話でもメールでもお受けしております。