元検事・元刑事担当裁判官が率いる「刑事弁護チーム」が
あなたを強力に弁護します。

刑事事件

【着手金】

内容 着手金
起訴前の事件 金20万円~
起訴後の簡明な事件 金20万円~
起訴後の簡明ではない事件 金30万円~
起訴後の複雑な事件 金50万円~

【報酬金】

内容 報酬金
簡明な事件 不起訴・略式命令の場合 金30万円~
執行猶予となった場合 金30万円~
検察官の求刑よりも減刑された場合 金20万円~
事案が簡明ではない事件 不起訴・略式命令の場合 金40万円~
執行猶予となった場合 金40万円~
検察官の求刑よりも減刑された場合 金30万円~
無罪の場合 金80万円~
複雑な事件 不起訴・略式命令の場合 金50万円~
執行猶予となった場合 金50万円~
検察官の求刑よりも減刑された場合 金40万円~
無罪の場合 金100万円~

【保釈・勾留の執行停止・勾留理由の開示等の申立等】

内容
着手金 金10万円~
報酬金 金10万円~

【告訴・告発】

内容
着手金 金30万円~
報酬金 事件の内容およびご相談の上決定します。

【示談交渉】

内容
着手金 民事事件の着手金を基準に取り決めます。
報酬金 民事事件の報酬を基準に取り決めます。

【日当】

内容
日当 受任している事件で4回目以降の接見は1回につき都内は金30,000円~。
神奈川、埼玉、千葉は1回につき金50,000円~。

少年事件

【着手金】

少年事件の内容 着手金
家庭裁判所送致前及び送致後 金30万円~
抗告・再抗告及び保護処分の取消 金30万円~

【報酬金】

少年事件の内容 着手金
非行事実なしに基づく審判不開始又は不処分 金30万円~
その他 金30万円~

【示談交渉】

内容
着手金 民事事件の着手金を基準に取り決めます。
報酬金 民事事件の報酬を基準に取り決めます。

【日当】

内容
日当 受任している事件で4回目以降の接見は1回につき都内は金30,000円~。
神奈川、埼玉、千葉は1回につき金50,000円~。
  • ※以上の金額には別途消費税がかかります。
  • ※以上の金額は目安であり、事件・事案によって金額の増減があります。
ご相談予約はお電話でもメールでもお受けしております。