離婚・婚約破棄など、一人で悩まず、まずはご相談ください。
再出発のお手伝いをさせていただきます。

離婚原因の代表例

  • 浮気
  • 借金
  • 生活費を入れない
  • 家事をしない
  • 暴力
  • 浪費
  • 性格の不一致
  • 薬物乱用
  • 精神的疾患
  • 同居拒否
  • 性的不満
  • 行方不明

これらの事実があるからといって、必ず離婚が認められるわけではありませんが、相手方にこのような事実があり、離婚等考えている方は、まず当法律事務所にご相談ください。子供のことや生活のことに不安を感じ、離婚の意思が固まらない方も親身に相談に乗らせていただきます。あなたの再出発のお手伝いをいたします。

離婚・男女問題の基本は話し合い

話し合い

まずは、当事者間でよく話し合うことが大事です。
弁護士が話し合いに立ち会うことにより、問題解決をスムーズに行うことが可能となります。

調停

調停では、2名の調停委員を通じて話し合いをします。
離婚の場合は、訴訟の前に調停を申し立てる必要がありますが、婚約キャンセルで慰謝料を請求したり、浮気相手に対して慰謝料を請求する場合は、最初から訴訟を起こすことができます。

訴訟

調停での話し合いが成立しないときは、訴訟を提起します。
訴訟では、お互いの言い分を主張し合い、証拠を出し合います。
話し合いによる解決(和解)ができなければ、判決が出されます。

我々弁護士があなたの代理人になれば、あなたの悩みに対する最善の解決策を一緒に考え、より良い解決を図ります。夫婦や男女間の問題を抱えてお困りの方は、まず当法律事務所にご相談ください。

4つの離婚手続

離婚手続は、大きく分けて以下の4つがあります。

手続 特徴 デメリット
協議離婚 ・合意があれば離婚理由は問わない
・手続が早い
・十分な話し合いがなされず、後のトラブルを招くおそれがある
調停離婚 ・裁判官・調停委員の関与の下、当事者が話し合う ・原則本人の出頭が必要
審判離婚 ・調停に代わる裁判官の判断 ・異議申立があると失効する
裁判離婚 ・法的強制力のある終局的な解決
・本人の出頭は不要
・離婚原因が限られている(ただし、和解離婚はできる)
・時間/費用がかかる
ご相談予約はお電話でもメールでもお受けしております。