日常的な問題から解決困難な問題まで、
医療機関をトータルにサポートします。

医療法人設立までの流れ

  • 1.定款・設立趣意書の作成
    医療法人の基本的なルールを作成します。ルール作りの中で、法人名称や役員(理事・監事など)構成を決めます。
  • 2.設立総会の開催
    法人役員等が集まり、法人の基本的な事項を決定します。
  • 3.設立認可申請書の作成
    設立認可書等を作成し都道府県に申請します。
  • 4.設立認可書の審査
    保健所等の関係機関への照会・実地検査等を行います。
  • 5.設立認可申請書の本申請
    設立認可書等申請書類の審査終了後、医療審議会へ。
  • 6.都道府県医療審議会への諮問
    都道府県医療審議会において、諮問がなされます。
  • 7.都道府県医療審議会からの答申
    医療法人設立認可の答申がなされます。
  • 8.設立認可書の交付
    認可された場合、設立認可書及び認可証明書が交付されます。
  • 9.設立登記申請書類の作成・申請
    認可の日から2週間以内に設立登記手続を行います。
  • 10.登記完了・医療法人設立
    登記が完了し、医療法人が設立されます。

当法律事務所はでは、定款・設立趣意書の作成から登記手続完了までトータルでサポートいたします。

関連する医療法務に関する弁護士相談はこちら

 

虎ノ門法律経済事務所の設立手続の弁護士・法律相談のページへようこそ。
弁護士相談・法律相談を専門とする虎ノ門法律経済事務所では、設立手続の解決事例も豊富であり、お客様それぞれのお悩み・トラブル内容に沿った弁護士をご紹介することで、トラブル解決の最後までスムーズに進めることを目指しております。
設立手続の弁護士・法律相談の対応だけではなく、他の様々な相談内容にも対応しておりますので、ぜひお気軽にご連絡・ご相談ください。

 

医療法務の弁護士・法律相談TOPに戻る

ご相談予約はお電話でもメールでもお受けしております。