日常的な問題から解決困難な問題まで、
医療機関をトータルにサポートします。

医療過誤について

医療過誤は起こらないに越したことはありません。多くの病院、医師の方が、日々万全の医療体制で治療に当たられていることと思います。しかし、患者あるいは遺族の方が、医療過誤があったと主張するようなことが起こった場合はどうなるでしょうか。
万が一それが医療過誤であると認められた場合には、大きく分けて「民事的な責任」と「刑事的な責任」を負う可能性があります。

民事的な責任とは、医療過誤によって損害を負った患者さんに対し、民法709条(不法行為責任)又は415条(債務不履行責任)などに基づき、金銭的な賠償責任などを負うことをいいます。このような民事的な問題は、患者さんとの和解交渉(話し合い)や民事訴訟などの手続きによって解決されます。
刑事的な責任とは、医療過誤が刑法上の犯罪である業務上過失致死傷罪(刑法211条1項)などに該当するとして、刑罰を科せられることをいいます。刑事上の責任は、まずは警察や検察庁が捜査し、起訴されれば、裁判所で有罪か無罪かや量刑(どのような刑罰とするか)が決められます。

弁護士に依頼するメリット

上記のように医療過誤が起きた場合、患者さんから損害賠償を請求されたり、あるいは警察や検察庁の捜査が開始されたりと、いろいろなことが起きる可能性があります。医療過誤事件では、過失の有無、因果関係の有無、損害の範囲などをめぐり争いが生じることが多々あります。

このような事態に適切に対処するには、弁護士に相談、依頼し、対策を講じた方が安心です。弁護士に相談、依頼することによって、医師や病院担当者の精神的な負担の軽減にもつながります。当法律事務所にご依頼いただいた場合、複数の弁護士が誠意をもって迅速かつ適切に対応いたします。

 

虎ノ門法律経済事務所の医療過誤の弁護士・法律相談のページへようこそ。
弁護士相談・法律相談を専門とする虎ノ門法律経済事務所では、医療過誤の解決事例も豊富であり、お客様それぞれのお悩み・トラブル内容に沿った弁護士をご紹介することで、トラブル解決の最後までスムーズに進めることを目指しております。
医療過誤の弁護士・法律相談の対応だけではなく、他の様々な相談内容にも対応しておりますので、ぜひお気軽にご連絡・ご相談ください。

 

医療法務の弁護士・法律相談TOPに戻る

ご相談予約はお電話でもメールでもお受けしております。