元検事・元刑事担当裁判官が率いる「刑事弁護チーム」が
あなたを強力に弁護します。

示談・和解をすることが不起訴、執行猶予への一番の近道です。
当法律事務所の弁護士が、示談・和解のため迅速に対応します。

被害者のいる犯罪(窃盗,傷害,性犯罪等)は示談交渉が弁護活動のメインとなります。被疑者・被告人本人やその家族,知人等が被害者と示談交渉をしようと考えても、被害者が顔見知りでなければ、そもそも被害者と連絡を取ることすら容易ではありません。弁護人を付ければ、検察官を通じて被害者の連絡先を入手できる可能性が高くなります。

示談の成否は検察官の処分結果に大いに影響する(本来起訴されるはずだったものが不起訴になることもある)ため、できるだけ起訴後よりも起訴前の示談成立を目指します。また、起訴前の示談ができなかった場合でも、示談の成否は判決結果にも大きく影響しますので(実刑か執行猶予か微妙な事案においては特に重要)、遅くとも判決までの示談成立を目指します。

示談書の内容についても、被疑者・被告人にできるだけ有利に働くような記載を目指します。

ご相談予約はお電話でもメールでもお受けしております。