ワンストップ・トータルサービスを提供できる体制を調えています。
税務や登記等の法的手続きを含む複雑な紛争もご相談可能です。

稲田 龍樹

Tatsuki Inada

所属 東京弁護士会
出身 東京都
学歴 中央大学法学部卒業

メッセージ

中央大学卒業と同時に23期司法修習生となり、昭和46年に判事補に任官し、約40年裁判官を務めました。平成22年に東京高裁判事(部総括)を最後に退官し、同年4月から学習院大学法科大学院教授として民事訴訟法を担当しています。

裁判官としては主に民事・家事事件を担当し、司法改革という変革期に遭遇し、新民事訴訟法、成年後見法、新人事訴訟法の各施行に立ち合い、家事事件手続法の立法過程も見て、実務経験を重ねました。引き続き、大学でも成年後見制度の実情調査や親族・相続法の基礎的研究に取り組み、今も続けています。ロースクール生と民事紛争の法的基礎を学び、少し距離を置いて実務経験のふり返りができました。

この間、成年後見制度施行15年目の現状分析をし、また、「民法907条の協議の意義と系譜」(2015年~2017年)を発表し、「協議」とは合意とこれに至る意思形成過程( 準備行為・交渉)を意味し、法律家はこの意思形成を支援し、実体法と手続法にまたがる家族法の問題解決を支えると述べました。昨年暮に有斐閣から共著「家事事件手続法(3版)」( 成年後見と遺産分割などを担当)を刊行しました。さらに、国外の裁判所や研究会に講師として参加等し、中国、インドネシア、韓国、台湾の裁判所、大学を訪れ、各国の若い法曹が意欲的に新しい職域を開拓する姿に啓発されました。

こうしたなか、弁護士として新たにスタートできるのは大変うれしいことです。チームの一員として、前向きに元気に絶えず精進を重ねるつもりでございます。

取扱業務分野

遺産相続

成年後見

親子関係

離婚・男女問題

医療法務・医療過誤

交通事故

経歴

1971年 判事任官
1981年 東京地裁判事
1989年 大阪高裁判事
1990年 横浜地家裁判事
1994年 名古屋地裁部総括判事
1998年 東京家裁部総括判事
2002年 札幌家庭所長
2005年 千葉家裁所長
2006年 横浜家裁所長
1998年 東京高裁部総括判事
2002年 札幌家庭所長
2005年 千葉家裁所長
2006年 横浜家裁所長
2008年 東京高裁部総括判事
2011年 学習院大学法科大学院教授
2013年 学習院大学法科大学院法務研究所長
2016年 弁護士登録

書籍・論文・メディア掲載

2007年 成年後見法学会特別講演「成年後見制度の現状と課題―家庭裁判所から見た運営―」成年後見法研究5号
2009年 「控訴審からみた離婚事件の基本問題」判例タイムズ1282号
2015年 「人事訴訟管轄の家庭裁判所への移管」法律時報87巻8号
2015年・2016年 「民法907条の協議の意義と系譜(上)(中)」学習院法務研究9号・10号
2016年 草野・岡編著『高齢者支援の新たな枠組みを求めて』(白峰社)所収
「成年後見制度施行15年の家庭裁判所の役割について」

その他

■所属学会等
・民事訴訟法学会
・日本家族〈社会と法〉学会

ご予約はお電話でもメールでもお受けしております。