遺産相続問題の解決・処理件数は日本でトップクラス。
45年以上の実績と信頼でトータルサポートいたします。

遺産分割の方法は、以下の通り、法律で原則が決められています。

  • 1. 遺言があれば、遺言書の内容により相続する
  • 2. 遺言がなければ、法定相続分により相続する

しかし実際には、遺言書があっても「納得できない」とか、「遺留分を求めたい」というようなことで争いになります。また、日本ではまだまだ遺言書を残さない場合が多く、法定相続分通りに分けることについて不平や不満があったり、「寄与分」や「特別受益」が問題となることもあります。

遺産分割問題の解決の流れ

「泥沼化」を避け、幸せな相続を

当事者間の話し合いがこう着状態となり、感情的な対立はますます激しくなり、いわゆる「泥沼化」するケースも見受けられます。「泥沼化」する前に、遺産相続問題に強い弁護士から調停や審判を見越したアドバイスを受けることで、打開策が見出せることがあります。

調停や裁判になった場合でも、法律や実務傾向を知らずに、単に自分の主張を展開するだけでは、調停委員も裁判官も味方してくれません。法律や実務傾向を知った上で適切な主張を展開することが、自分の利益を守り、幸せな生活を確保することになります。

遺産分割に先立った問題

遺産分割に先立って「相続人の確定」と「遺産の確定」をしておくことは極めて重要です。相続人を見落としたり、遺産に漏れがあれば、有効な遺産分割にならないおそれがあります。できれば「相続人の確定」「遺産の確定」段階から弁護士に相談しておく方が、間違いないと思われます。

ご相談予約はお電話でもメールでもお受けしております。